MUSEUM LETTER Vol.23
 6月に入り梅雨の時期となりました。さて今回のミュージアムの活動報告は、5月31日に行なったホネホネウォッチングです。今年度1回目です。昨年度と流れは変わっていませんが、これまでの反省も交えて、参加して下さった皆さんに実際に触れて行ってもらうということに重点をおきました。フィールドノートもそれに合わせて一新して、より分かりやすくなっていると思います。

 今回の体験講座には16名の方が参加してくれました。骨を並べてもらったり、骨盤や頭蓋骨から性別を判断してもらったり、積極的に取り組んでいました。他にも発掘体験やドームでの骨探しなど、普段できないことや見れないものに触れて、楽しんでくれたと思います。最後には1体分の骨を鑑定してもらって講座は終了しました。
 次回の7月26日に向けての反省点も見つけられたので生かしていきたいと思います。参加して下さった皆様ありがとうございました。

 さて6月のイベント情報です。まず7日(日)に赤米づくり体験、13日(土)に企画展の展示解説と昔の道具体験、21日(日)に学芸員講座「中国古人骨調査①」があります。赤米づくり体験は定員に達したため募集を締め切りましたが、それ以外のイベントは参加者募集中です。ぜひこの機会に参加してみてください。
 企画展「あしのきせき」は7月5日まで開催中です。
 
MUSEUM LETTER バックナンバー
Vol.20 Vol.21