土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムの学芸部門には、人類学・民俗学・考古学の三つがあります。

それらの三つの部門は互いに独立しつつも、共通の研究テーマを設定し、共同研究を行っています。

学芸員個人の学問領域を超えて共同研究を行い、多角的な視点からのヒトの進化と歴史の解明を目指しています。
 
 
 出版・刊行物 
  
土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムでは、毎年刊行している研究紀要に加えて、特別展や企画展の図録のほか、調査報告書を随時刊行しています。
 
 → 【これまでに刊行した研究紀要】
職員一覧
館長 松下 孝幸 副館長
(豊北歴史民俗資料館 館長)
吉留 徹
館長補佐 中野 克則 学芸係長
(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム 学芸員)
大藪 由美子 
 
主任
(烏山民俗資料館 館長)
河田 聡  主任主事
(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム 学芸員)
高椋 浩史
       
非常勤職員
(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム 学芸員)
沖田 絵麻  非常勤職員
(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム 学芸員)
小田川 志穂
       
非常勤職員 磯部 美恵子