(論文)

高椋浩史、骨産道形態の時代変化-頭型の時代変化との関連性の検討-.Anthropological Science(Japanese Series),119(2):75-892011

中橋孝博・岡崎健治・高椋浩史、中国四川省・川西高原の石棺墓人骨、宮本一夫編、2013

中橋孝博・岡崎健治・高椋浩史、川西高原青銅器時代的人、西南地区北方譜系青銅器及石棺葬文化研究(高大倫・宮本一夫主編)、四川省文物考古研究院、2013

(研究ノート)

高椋浩史、北部九州および響灘沿岸地域における弥生人集団の四肢骨断面形態の比較、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム研究紀要第9号、2014

(報告書)

高椋浩史・舟橋京子・田中良之、東蒲池門前遺跡出土人骨について、東蒲池門前遺跡、福岡県教育委員会、2013

高椋浩史・舟橋京子・田中良之、河原内遺跡出土人骨について、河原内遺跡、みやま市教育委員会、2013

田中良之・舟橋京子・米元史織・高椋浩史・岩橋由季・谷澤亜里・早川和賀子・中井歩、志津里遺跡B地区出土人骨について、志津里遺跡、大分県教育庁埋蔵文化財センター、2013

高椋浩史・米元史織・中橋孝博、卯内尺古墳出土の古墳時代人骨調査報告、卯内尺古墳、福岡市教育委員会、2012

高椋浩史・中橋孝博、小野牟田横穴墓出土の古墳時代人骨調査報告、小野牟田横穴墓、福岡県直方市教育委員会、2012

米元史織・高椋浩史・李ハヤン・岩橋由季・谷澤亜里・早川和賀子・中井歩・舟橋京子・田中良之、原口遺跡B地区4次調査、原口遺跡、大野城市教育委員会、2012

米元史織・高椋浩史・岩橋由季・中井歩・舟橋京子・田中良之、第9章 別府折戸ノ上遺跡出土人骨、別府遺跡群1、大分県宇佐市教育委員会、2012

谷澤亜里・高椋浩史・中井歩・早川和賀子・米元史織・舟橋京子・田中良之、福童町遺跡9出土人骨について、福童町遺跡9、小郡市教育委員会,2012

高椋浩史・舟橋京子・谷澤亜里・早川和賀子・米元史織・岩橋由季・李ハヤン・田中良之、大分県日田市所在祇園原遺跡から出土した近世人骨について、祇園原遺跡Ⅱ、日田市教育委員会、2011

高椋浩史・米元史織・中橋孝博、福岡市箱崎遺跡33次調査出土の中世人骨、箱崎42、福岡市教育委員会、2011

高椋浩史・米元史織・中橋孝博、福岡市那珂遺跡群第114次調査出土の近世人骨調査報告、那珂遺跡114次調査、福岡市教育委員会、2010

高椋浩史・米元史織・中橋孝博、福岡県高江辻遺跡出土弥生時代人骨調査報告、高江辻遺跡、福岡県筑後市教育委員会、2010

高椋浩史・Ame Garong・中橋孝博、北中尾遺跡2b地点甕棺出土人骨、北中尾遺跡、福岡県小郡市教育委員会、2010

米元史織・高椋浩史・舟橋京子・田中良之、第4 2.横隈狐塚遺跡第7 次調査出土弥生

人骨の形質的特徴、横隈狐塚遺跡7-福岡県小郡市横隈所在遺跡の調査報告、福岡県小 郡市教育委員会、2010

岩橋由季・米元史織・高椋浩史・石田智子・李ハヤン・谷澤亜里・早川和賀子・舟橋京子・田中良之、第4 1.横隈狐塚遺跡7 における出土人骨の分析、横隈狐塚遺跡7-福岡県小郡市横隈所在遺跡の調査報告、小郡市教育委員会、2010

高椋浩史、黒髪町遺跡9704調査地点甕棺出土人骨報告、熊本大学構内遺跡発掘調査Ⅴ、熊本大学埋蔵文化財調査室、2009

高椋浩史、カラカミ遺跡出土小児甕棺出土人骨、壱岐カラカミ遺跡Ⅱ、九州大学大学院人文科学研究院、2009

(学会・研究会発表)

高椋浩史、日本列島集団と中国古代集団の骨盤形態の比較、第67 回日本人類学会大会、2013

N.Seguchi, C.B.Quintyn and H.Takamuku,A Study of postcranial indices, ratios and body mass versus eco-geographical variables in an assessment of phenotypic adaptation to climati condition.he 82nd annual meeting of the American Association of Physical Anthropologists, Tennessee,2013.

瀬口典子・C. B. QUINTYN・高椋浩史・米元史織、気候条件に対する身体表現型の適応:縄文、弥生と他集団との比較、第67 回日本人類学会大会、2013 年  

高椋浩史、縄文時代から近代に至る骨盤形態の比較、第66 回日本人類学会大会、2012

H.Takamuku, Childbirth and Ritual-Bioarchaeological approach to collective burial of

women and infant-Fifth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology, Fukuoka,2012.

中橋孝博・岡崎健治・高椋浩史・栾丰、中国山東省北阡遺跡・二次葬墓出土の大文口時代人骨、第66 回日本人類学会大会、2012

岡崎健治・高椋浩史・中橋孝博、中世の長頭性について、第78 回日本考古学協会総会、2012

高椋浩史、縄文人集団と弥生人集団の骨盤形態の比較、第65 回日本人類学会大会、2011

中橋孝博・岡崎健治・高椋浩史、中国・四川高原の青銅器時代人、第65 回日本人類学会大会、2011

中橋孝博・岡崎健治・高椋浩史、川西高原青銅時代古人骨、中日共同开展西南地区北方譜系青銅器及石棺葬研究合作国際学術研討会、中国四川省文物考古研究院、2011

高椋浩史、九州・山口地域を中心とした弥生時代から現代に至る女性の骨産道形態の変化、64 回日本人類学会大会、2010

(受賞歴)

64 回日本人類学大会若手会員大会発表賞、2010